青椒肉絲ランチはいかが?

青椒肉絲ランチはいかが? header image 2

口コミでWiMAXについてあれこれ調べる場合

2016年06月23日 by

周知のようにWiMAXには速度制限がありますが、そんなにハードなものではありません。
ギガ放題プランにて契約すると、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がありません。また、混雑回避の為の速度制限の場合も、他社モバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。帯域制限の時であっても、動画を観る事が可能な通信速度は維持されます。

気になるWiMAXの評判なのですが、良い意見も悪い意見もあります。

例として、通信が安定しないだとか、そう言う悪評もあります。ではありますが、WiMAXの高性能化に伴って環境も変化しています。と言う訳で、現状とは状況が異なるケースが多いです。

口コミでWiMAXについてあれこれ調べる場合、記事の投稿日は最低でも確認しましょう。WiMAXサービスとの契約の期間は25ヵ月間契約の自動更新型が基本となっていて、契約期間内に解約手続きを進めた場合は契約解除料が掛かってしまいます。最初の13ヵ月間の契約解除料は19000円請求されてしまい、14ヵ月目から25ヵ月目の間の契約解除料は14000円で、26ヵ月目より後となる契約解除料は9500円となります。

なお、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約解除料の設定金額はハードで、最初の25ヵ月間の契約解除料は24800円で、26ヵ月目以降の契約解除料は9500円になります。

ただし、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合には契約20日以内の解約に対して契約解除料が請求されませんので、ひとえにハードだとも断言出来ません。UQ WiMAXサービスには色々な料金プランがありますが、25ヵ月間の契約プランが一般的です。その理由ですが、25ヵ月間継続の契約を行なう事で、25ヵ月間の月額料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付くからです。
その上、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用されるので、最終的に、契約期間中ずっと500円安い状態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。(WiMAXサービスはGMO WiMAXを選ぶしかない理由とは?にて)

500円と聞くと高額な金額ではありませんが、割引きが適用されるのは月単位の事ですので、お得感はどんどん積もり積もって大きくなります。最近のUQ WiMAXサービスと言えば、au 4G LTE通信に対応しているWiMAX端末もラインナップしています。au 4G LTE通信はauの基地局から発せられる通信回線を使用し、日本の人口カバー率99%を超えている、かなり繋がりやすい通信回線なのです。800MHzと言った低周波数域を使うプラチナバンドで、障害物をすり抜けたり回り込んだりするので、奥まった位置にも電波が届きやすいのです。
従来のau 4G LTEの下り最大通信速度はせいぜい75Mbpsでしたが、下り最大通信速度が100Mbpsと言う高速通信に対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応している地域も拡大しています。
WiMAX通信の出来る端末の大きさは、スマートフォンよりもミニサイズです。

そう言う理由で、携帯するのに便利です。
ポケットに入り切る大きさですし、重さや厚みは大した事なく、ポケットがパンパンになる事もないです。

WiMAX端末は、スマートフォンアプリを使用して操作可能です。

ですから、WiMAX通信機をカバンの中に入れ、そのまま使使う事も出来ます。Speed Wi-Fi NEXT WX01の後継機に該当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリー消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。
なぜかと言えば、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOは通信速度が倍になるメリットがある一方で、バッテリー消費が著しかったからなのです。
そう言う訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02はバッテリーの残量に応じて4×4MIMOから2×2MIMOへとオートマチックに切り替わる機能となる、バランスモードと呼ばれる機能が新しく導入されました。その上、三日間の通信使用量が表示される機能が新たに加えられ、混雑回避のための速度制限への対策が行いやすくなりました。モバイルタイプのインターネットサービスは、WiMAX以外にも色々なサービスがあります。
具体的に言うと、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEが存在します。

ぷららモバイルLTEに速度制限が無いと言うのは確かにそうなのですが、通信速度が3Mbpsしか出ないと言うのはデメリットとも言えます。この通信速度って、速度制限の際のWiMAXよりも遅くなります。

 

つまり、速度制限無しと言っても、WiMAXと比べると、いつも速度制限が掛かっている状態になっているとも言えます。
nifty WiMAXでWiMAXサービスの申し込みを行なうと、Wi-Fiサービスを無料で利用する事が出来るキャンペーン特典が貰えます。

対応するWi-Fiサービスなのですが、具体的には@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。
その中の@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですが、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を使用する事が可能となります。

WiMAX端末が手元になくても使用する事が出来ますし、速度制限も気にしなくて良くなりますので、とても評判の良いサービスになってます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約時に利用出来るオプションサービスの中には、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額料金362円のサービスもあります。このオプションサービスは一体何なのかと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の提供するWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の提供するUQ Wi-Fiエリアを使用出来るサービスの事です。対象となるWi-Fiスポットは全国に10

 

000ヶ所以上存在していて、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで利用する事が出来ます。
Wi2エリアの中では別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを買い取る必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを購入した料金分はGMOポイントで還元して貰えます。
WiMAXの通信を行なう為に、専用のWiMAX端末が必要です。
WiMAX端末の種類は豊富で、新技術が次々と導入されています。例として、WiMAX端末が対応しているのはWiMAX回線だけだったのですが、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線の2つの通信回線も追加されました。

更に、通信速度が毎年速くなって来ている点も挙げられます。
キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された時も、通信速度が倍に速くなりました。
WiMAXと言うインターネットサービスの特長としては、無線でインターネットアクセスする事が出来ると言う部分が挙げられます。

無線を使いますから、場所に囚われる事無く、広いエリアでのインターネットが可能となります。加えて、WiMAX機器は小型ですから、どこへでも持ち運ぶ事が可能です。

そう言う部分を考えると、タブレットとの組み合わせが良いです。

ですから、タブレット無料プレゼントキャンペーンを行なうWiMAXプロバイダもあります。WiMAXサービスを提供するプロバイダの一つであるPEPABO WiMAXには、普段3種類のプランがあります。
28000円の高い現金キャッシュバックが貰える通常プランや、月々の料金の安い通常プランとなる月額割引プラン。
また、ギガ放題プランを2年の間通常プランの安い月額料金で利用出来る料金プランがあります。

 

不定期で、もっと月額料金の安いタイムセールと言う料金プランも登場する事がありますけど、これはいつもある料金プランではありません。

 

WiMAX通信に対応した通信機器は、次々と新しいものが発売されています。
個々によって性能が異なり、利便性も異なります。

 

その中においても驚いたのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14のお披露目です。このWiMAX端末はau 4G LTE回線に対応し、当時はまだ不足していたWiMAXの通信エリアをカバーする事が出来ました。URoad-StickはUSBタイプの軽く小型のWiMAX端末で、持ち運び性が良くて便利です。
URoad-StickをUSBポートに挿し込む事によって、そこから電気をまかないながら扱う事が出来ます。

難しいセットアップも不要で使用出来ますから、そんな簡便性が人気のWiMAX端末となっています。対応している通信回線はWiMAXとWiMAX 2+となっていて、通信の下り最大速度となると110Mbps出す事が出来ます。Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能を搭載して、下り最大通信速度が以前の倍になる220Mbps出る点が特徴のWiMAX端末です。

4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本のアンテナと、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事です。
このテクノロジーによって、下り最大の通信速度が従来の110Mbpsと言う速度から、倍の220Mbpsとなる訳です。

 

他にも、Bluetoothに対応してますので、Wi-Fiよりも少ない電力でテザリングをする事が出来ます。

人気のインターネットサービスについてですが、モバイルへの移行が進んでいる傾向が見て取れます。

 

好きな場所からインターネットにアクセスする事が出来ると言う自由度があって、結構使い勝手が良いなと言う感覚を持っています。
ですが、モバイルだとどうしても、安定性に対して懐疑的な方もいるでしょう?ですけれども、モバイルのインフラは急ピッチで進んでいますから、安定したインターネットを楽しむ事が出来るようになっています。

と言う事ですので、モバイルだからと言っても、不安定ではありません。UQ WiMAXに申し込むと、その機能性の良さに驚かされます。

自分が契約後に感じたのが、速度制限が厳し過ぎないと言うところです。

 

私はワイモバイルからUQ WiMAXへの乗り換え組なのですが、帯域制限でイライラする事が無くなりました。
UQ WiMAXにも帯域制限はありますけれど、ギガ放題プランであれば気にするレベルじゃ無くなるのです。WiMAX端末は通常の値段が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円も掛かります。
それなりの値段となりますので、WiMAX契約の際の足かせとなってしまいます。ですので、各プロバイダではWiMAX機器の無料プレゼントを行っています。プロバイダによってはクレードルセットで無料の所もありますので、そう言うプロバイダを選ぶとベストです。
WiMAXサービスを提供するプロバイダの中でも、ちょっと変わっているのは3WiMAXと言うプロバイダです。

 

WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですけど、3WiMAXはKDDIのWiMAXサービスを取り扱っています。そんな理由で、3WiMAXでラインナップされているWiMAX端末の種類が、他のプロバイダとは全然違います。

具体例を挙げると、3波のキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBサイズのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系統のプロバイダではランナップされていません。
WiMAXサービスのプロバイダの間において、人気のプロバイダの一つとしてGMOとくとくBB WiMAX 2+があります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は色々なキャンペーンを行っていて、そのバリエーションの豊富さも人気の秘密です。
だけれども、GMOとくとくBB WiMAX 2+が選ばれる一番の大きな理由としては、業界最高額のキャッシュバックキャンペーンにあります。それに合わせて、サポート内容もしっかりしていて、そう言った点が評判を支える大きな部分となっているのです。Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを実装し、初めての下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAX端末としてラインナップされました。
Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が発売された当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、今は対応地域が拡大しています。更に、au 4G LTE対応はHWD15からそのまま受け継ぎ、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つとなっています。
勿論の事ですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台に対応していて、充電しつつの通信にも対応してます。
KDDIで取り扱っているSpeed USB STICK U01はUSBサイズのWiMAX端末で、下り最大通信速度が220Mbpsも出す事が可能な点が特徴のWiMAX端末です。その仕組みは2回線分のWiMAX 2+回線の帯域を同時に利用する事で、今までの二倍の通信速度を出す事が出来るキャリアアグリゲーションと言う機能にあります。
合わせて、Speed USB STICK U01と言うWiMAX機器はau 4G LTEと言う通信回線にも対応していますので、人口カバー率99%と言う広大な通信エリアに対応する事が出来ます。Speed USB STICK U01はバッテリーを装備していませんので、USBポートから給電しながら使用するタイプのWiMAX端末となります。WiMAXと契約を行う時、色々なキャンペーン特典を獲得出来ます。

中でもお勧めなのが、公衆無線LANサービスです。UQ WiMAXでしたらUQ Wi-Fiプレミアム、あるいは、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言った感じのものです。

 

どのプロバイダと契約をしても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスと比べ、数多くのWi-Fiスポットと提携しているサービスです。
WiMAXには料金プランが幾つか存在し、選ぶ必要があります。

プロバイダ毎に少し異なるものの、WiMAXの料金プランは2種類に分ける事が出来ます。

その料金プランが何かと言うと、ギガ放題プランと言う料金プランと通常プランと言う料金プランです。ギガ放題プランだと月額料金が高くなりますけど、通信量による帯域制限が緩いので、お得感は大きいです。
一方で、通常プランは月額料金の負担が少ないものの、良い事だけじゃなく、速度制限の規制が厳しくなります。どれだけ通信を行なうか自分の環境を検討しつつ、料金プランの選択を検討すると良いでしょう。
月額料金が安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXと言ったプロバイダが挙げられます。
びっくりするほど月額料金が安いプロバイダですから、あれこれ条件を付けない中であれば、業界最安値のWiMAXのプロバイダだと言えます。

 

だけど、auスマートバリューmineに対応していませんので、auでスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにしてみれば、あまりお勧め出来ないWiMAXのプロバイダとなります。はたまた、直接のユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していない為、そう言う点でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言えます。UQ WiMAXじゃなくてKDDIのWiMAX端末として登場したSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点が強みのWiMAX端末です。こんなに速い通信速度を出す事が可能になる理由は、WiMAX 2+とFD-LTEを使用したキャリアアグリゲーションと言う技術にあります。
この3波を使用したキャリアアグリゲーションですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数の帯域を同時利用する事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を達成出来ている訳なのです。

 

ですけど、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を取り扱っている店舗には限度がある為、利用可能なキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+と言う名称のプロバイダがあります。

このプロバイダが展開しているWiMAXサービスなのですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う部分が特徴的です。So-netモバイルWiMAX 2+の特典になるセキュリティサービスですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスとなります。本来は月々500円掛かる有料サービスなので、金額的に6000円くらいのお得感になると言えます。WiMAXを利用する時に、注意すべき速度制限は二つあります。ひとつ目が、月間データ量による速度制限、俗に言われている7G制限と呼ばれているものです。
二つ目は、混雑回避の為の速度制限って呼ばれるものです。
ギガ放題プランへ申し込むことで、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限は適用外になります。
しかし、混雑回避の為の速度制限は適用範囲になります。

WiMAXを契約すると、WiMAX端末しか必要ないので、部屋がさっぱりします。固定回線だと電話線とモデムと無線ルーターが必要で、その間をケーブルで繋ぐ必要性があります。
モデムは毎月レンタル料金が必要で、毎月の料金に追加課金されます。
また、モデムに無線カードを差し込むと言う事も可能ですけど、無線カードを使用する月はレンタル料金を取られてしまいます。

 

 

タグ :   コメント(0)